講座案内

もっとほんきでJavaScript

フロントエンド/サーバサイド問わず、今やWeb系デベロッパー必須の言語となりつつあるJavaScript。近年はシングルページアプリケーションの人気も高まり、JavaScriptの実力がより問われるようになってきました。

本講座では、基礎講座の「ほんきでJavaScript」をさらに発展させ、基礎的なJavaScript/jQueryの知識と実装経験をお持ちの方を対象に、JavaScriptを言語仕様からきっちり学びます。

これからJavaScriptを使ったWebアプリケーションの開発をしてみたい方、フロントエンジニアとして一皮むけたい方にオススメの全8回、2ヶ月間のコースです。

授業の様子はこちらです。

講座概要

講座名 もっとほんきでJavaScript
講師 武田 智道
期間 2ヵ月間(週1回 x 8週、計40時間)14:00〜19:00(1回5時間)
定員 〜12名(最低開催人数:4名)
受講料

144,000円(税込:155,520円)

  • ※過去にクスールの他講座を受講された方は、受講生割引がございます。
  • ※分割払い、学割もございます。詳しくはお問い合わせください。



授業の様子です。
mottoJS授業の様子

対象者

  • ・HTML/CSSを概ね理解している方
       -HTMLのハンドコーディングが出来る方
       -CSSのセレクタや代表的なプロパティを理解している方
  • ・JavaScript経験者(ほんきでJavaScript受講済相当の方)
       -変数、関数、条件分岐、繰り返し処理等の概念を理解している方
       -jQueryを使って動的なHTML操作ができる方
  • ・jQueryレスでWebアプリを作ってみたい方
  • ・フロントエンジニアとして一皮むけたい方

スケジュール

土曜開催

カリキュラム

1週目

変数と関数(1)

JavaScriptを記述するにあたっての基礎を学びます。変数のデータ型や巻き上げなどJavaScriptの特有の動作について解説し、変数と関数について掘り下げて解説します。

[授業内容]

JavaScriptの型 / 変数 / スコープチェーン / 変数の巻き上げ(ホイスティング)
値と参照 / 関数宣言文と関数リテラル

2週目

変数と関数(2)

1週目について続いて、変数と関数について学びます。グローバルスコープ汚染の防ぎ方や、ローカル変数とグローバル変数について学びます。また、JavaScriptでの関数は第1級関数になります。関数を変数に代入したり、配列の要素、関数への引数としてなど様々な利用法があり、その扱いについて演習を行います。

[授業内容]

関数宣言文と関数リテラル / 引数と返り値 / グローバル変数とローカル変数
コールバック・パターン / 即時実行関数

3週目

イベントとthis

JavaScriptで混乱しやすいトピックであるthisについて学びます。JavaScriptのthisは、そのコンテクストによって変化します。各コンテクストでのthisの振る舞いの呼び出し方について解説します。また、各イベントとハンドリングの方法についても学びます。

[授業内容]

click / touchstart, touchmove, touchend / バブリングとキャプチャリング
preventDefault()とstopPropagation() / this

4週目

HTMLとDOM

DOM操作の基本から最適化のチューニング方法を学びます。DOMの定義からレイアウトとレンダリングを考慮した実装方法について学びます。

[授業内容]

DOMとは / documentオブジェクト / DOM操作の注意点 / DOMContentLoaded / querySelector

5週目

HTTP通信とAjax

外部サービスのAPIを使用してHTTP通信を行います。XHRやajaxの使い方だけでなく、HTTP通信の概念や同一生成元ポリシーについてなど、HTTP通信について体系的に学びます。

[授業内容]

HTTP通信とは / XMLHttpRequest / 同一生成元ポリシーとは

6週目

非同期処理

JavaScirptで開発する上で避けては通ることのできないものが、非同期処理とコールバック関数です。まずは非同期関数の仕組みを理解し、非同期処理をうまく制御する方法を学んでいきます。

[授業内容]

JavaScriptの動き方 / 非同期処理とは / Promise

7週目

作品制作

課題作品のブラッシュアップをこの回で行います。講師が各受講生の進捗に合わせて個別にアドバイスをしていきます。

[授業内容]

課題作品制作フォロー

8週目

作品発表

最終回は、各自が制作した課題作品を、参加者の前で1人ずつ発表します。
また今後の開発の参考に、課題作品のソースコードを共有します。
人がどのように実装したかを見ることは、更なる学習の糧になるでしょう。

[授業内容]

作品発表

お申し込み・お問い合せ 03-5577-2868 随時ご相談、見学を承っております。お気軽にお問い合わせください。