講座案内

もっとほんきでFlash

「もっとほんきでFlash」では、「ほんきでFlash」をさらに発展させ、ActionScript3.0でオブジェクト指向のプログラミングを学びます。

オブジェクト指向の基本的な考え方やクラス・外部ライブラリの使い方など、Flashを使った複雑なコンテンツを、より効率よく制作するための方法を学習できます。

講座概要

講座名 もっとほんきでFlash
講師 松村 慎
期間 2ヵ月間(週1回 x 8週、計40時間)14:00〜19:00(1回5時間)
店員 〜9名(最低開催人数:4名)
受講料

144,000円(税込:155,520円)

  • ※参考書として、「標準ActionScript3.0入門」を進呈いたします。
  • ※過去にクスールの他講座を受講された方は、受講生割引がございます。
  • ※分割払い、学割もございます。詳しくはお問い合わせください。

対象者

  • ・ActionScriptを使ったコンテンツ制作の経験がある方
  • ・クラスを使った効率的なコンテンツ開発の方法を学びたい方

スケジュール

調整中

カリキュラム

1週目

「ActionScript2.0からAcrtionScript3.0へ」

今までFlashでActionScriptをしていた人は1.0か2.0をやってきたと思います。3.0ではそれまでと書き方や決まりがずいぶん変わってきていますので、まずはその違いを説明していきます。

[授業内容]

Flash PlayerのAVMについて/ランタイムエラーについて(パブリッシュ設定)/ActionScript3.0でなくなったもの、追加されたもの/イベントハンドラとイベントリスナ

2週目

オブジェクト指向言語の基礎(1)

ActionScript 3.0ではクラスベースでスクリプトは基本は外部ファイルに書きます。そのクラスの概念や仕組みなど、オブジェクト指向言語に必要な基礎を学びます。

[授業内容]

オブジェクト指向言語とは?/クラスとは?/クラスの書き方/メソッド、プロパティ、コンストラクタ/クラスをインスタンス化する/クラスとMovieClipを結び付ける/addChild

3週目

オブジェクト指向言語の基礎(2)

ActionScript3.0では外部のサービスと連動することが多いのですが、その外部のサービスをどのように使うかを学びます。外部サービスを使うには、パッケージの概念やイベントの概念が重要になってきます。まずはそういった概念を学び、その後実際のサービスを使ってみます。
第3週目あたりからFlash BuilderというActionScriptのエディタを使い、外部ファイルにActionScriptを記述していきます。

また期ごとにテーマを決めて自分で企画を考えてもらうため、企画の内容を発表します。

[授業内容]

packageの使い方/importの使い方/ドキュメントクラスの使い方/Flash Builderの使い方/今回使うサービスの概要説明/企画発表&内容説明

4週目

企画発表-技術をどう活かすかを考える

テーマをもとに実際に自分の作りたいものを企画し、発表してもらいます。
こちらの企画は「ほんきでクスール」とは少し傾向を変え、もう少し技術的に実装したい部分を強調してもらいます。特にActionScript 3.0からは外部のライブラリを使うことが多いので、それらのサービスを使っていかに特徴的なものを作り上げるかを考えてもらいます。

技術的な部分とアイデアなど表現的な部分を組み合わせた作品をつくることを目指します。

[授業内容]

受講生による企画発表/企画についての討論・ブラッシュアップ

5週目

外部サービスを使ってみる

毎回1つの外部サービスをとりあげるのですが、そのサービスを使い方を習います。
基本は外部のクラスをどう使うか、イベントの受け取り方など、1~2週目で習ったことの応用ですが、実際に自分で使ってもらうことで、その使い方を身に付けられるようにします。

[授業内容]

地図の表示/地図の拡大、縮小/指定した緯度経度に移動する/アニメーションで地図を移動させる/地図上にアニメーションさせたMovieClipを表示する/Google Maps APIを使用して、地名から緯度経度を取得する

※取り扱う外部サービスにより内容が変わります

6週目 7週目

アプリケーション設計、制作。その他AS3機能紹介

AS3の基礎的な技術は、ここまででだいたいカバーできました。あとは実際に自分の作品にどう応用していくかです。

アプリケーションを作るにはひとつひとつの技術を組み合わせていくのですが、その全体を大きく考えていく力が必要です。

たとえば外部のRSSにあるレストランの情報を地図上に表示するには、以下のような手順が必要になります。

1.RSSの読み込み
2.XMLの解析。Flashへのデータ保存
3.住所から緯度経度を割り出し
4.緯度経度にムービークリップを表示
5.画像があれば外部画像の読み込み

これらの手順をまず自分で考えることができるか、それを自らプログラミングで組み立てていくことができるか、という点を身につけることが重要になるので、実際に手を動かして覚えていきます。また、ActionScript3.0の応用部分もここで学びます。

[授業内容]

アプリケーションの設計、制作方法を個別にヒアリング/アプリケーションの全体構築/XML/RSSの読み込み、解析(URLLoaderクラス、E4X)/外部画像の読み込み(Loaderクラス)

8週目

制作物発表、フィードバック

各自の企画にもとづいて制作してもらったものを発表してもらい、それを見ながらこちらからフィードバックをします。

アプリケーション制作には最初の設計方法+細部の細かな作りこみが制作物の出来栄えに左右するのですが、全体の構造なども説明しながら、実制作での活かし方なども紹介していきます。

実際には制作をどんどんこなしながらこれらの技術は身についていくのですが、それまでの自分で考えて、作り上げるというところを全8回でカバーしていきます。

お申し込み・お問い合せ 03-5577-2868 随時ご相談、見学を承っております。お気軽にお問い合わせください。